スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Mine 11

(Changmin)







当たり障りのない話、というのは結構難しい。

お互いの仕事の話。
今住んでいるところの話。
この辺はギリなところで、話題を変える。

よく聞く音楽、TV。
それからネタに詰まると何度も繰り返される目の前にある料理の話。

「チャンミンは本当によく食べるね。見ていて気持ちがいい」
今日何度聞いたか。

「ユノ…酔ってますか?思ったよりも弱いですねぇ…首も真っ赤」

あまりにも繰り返されるからそう言ったら
ユノはクスクス笑い「そうかな。見た目より酔ってないよ」という。

優しい声。
眼差し。
会話だって僕に合わせて
決して昔のことを聞き出すようなこともしない。
僕の気持ちを分かってくれているみたい。

やっぱり昔と変わらないユノがそこにいる。

「お前は煽るように飲むね。強いな。よく飲むの?」
「家ではほぼ毎日」
「そりゃ強くなるね。俺だってうちの部署では強い方なんだけどなぁ…」

変な負けず嫌いも相変わらずで
僕が「はいはい」とばかりにコクコクと頷いたら、ユノは嬉しそうに笑顔が溢れる。

それを見て少し自分の頬に熱を感じ
ユノの笑顔には相変わらず弱い自分を確認する。

このやりとりを嬉しく思う僕は
思ったよりより酔っているのかもしれない。

おまけに
最初不安に感じていた気持ちが、この店内の空気なのか酔いなのか、今はもうそんなこともなく心地よくなっている。

こんなの駄目なのになぁ。
困ったなぁどうしようかな。
何度と無く思うのに
それでもとっとと切り上げるのもそのユノの笑顔を壊してしまいそうで、それはそれで嫌だと感じる自分がいて。

ああ…なんだかなぁ。


ワインを口にする瞬間、小さくため息が出た。





食べ始めて1時間ほどしたらジャズの生演奏が始まって、そんなに大きくない店内に響く音楽にお互い喋るのをやめ、耳を傾け食事を口にして、一曲終わるごとに拍手をしながらユノと目を合わせ笑顔になる。

「すごいなぁ。俺こういうの初めて。連れてきてくれてありがとうな」
「僕もこんなだなんて思わなくて。凄いですね」
「また来ようよ」
「え、僕ですか?もっといい人と来て下さいよ」
「お前は嫌?」

急に核心突かれた気分で固まる。
目の前には笑顔のユノで、僕は一旦テーブルに視線を落とし、箸を舐って、生ハムを口にして顔をあげたらまだユノは僕を見ていた。

「嫌っていうか…別にいいですけど…」
「うん。決まり。じゃあ覚えておけよ」
「あー…酔ってて覚えてないかも…」
「じゃあ次行くまで毎日催促の電話する」
「うわっ最低ですね、僕だって予定があるんです」
「予定?恋人いるの?」
「…ぇ」

食べようとしたチーズを取り損ね、今度はユノから視線を外す。
気がつけばジャズの演奏は終わりステージでは片付けが始まっていて、店内のざわつきがまた盛り返していた。

どう答えようか。
一瞬考えて。
答えなんて決まっているのを思い出す。


「……いますよ。恋人ぐらい…」

口を尖らせそう言った僕に、ユノはあははと笑う。

「そっかぁ、そうだよなぁ…」

それから頬杖をついてワインを口にして
グラスを揺らし残りを煽ると目を細めた。


「お前かっこよくなったもん。ほんと」


ユノはうん。って駄目押しに頷いて
僕をじっと見るから
僕はその言葉に笑って「でしょ?」って答えたけれど。




本当は嘘。


恋人なんていない。



いまだかっこいいと思う最高峰にあの頃のユノがいる僕が、他にそれを上回る人を見つけられるはずがなく。
女の子も無理だった。


だから「カッコよくなった」と褒めてくれるユノに

僕は嬉しい以上に辛くって。

空になったユノのグラスを思い出し
「次何飲みます?」って
ドリンクのメニューを探し
テーブルの横を大げさに覗き込んだ。












-----------------------------------
明日はユノside。
これあと二話で一旦お終いです。
その二話目も今更書き直し中…orz

ツアー終わっちゃいましたね(ノД`)・゜・。
そして日産ヾ(≧▽≦)ノやったー。


読んで貰えて幸せ♡ありがとうございます。
頑張れるのでポチポチ押していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

- 2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/22 (Mon) 21:07 | REPLY |   

くるりん@  

Re: チャンミン‥‥切ない

タ*ゴさま

息つく暇がなく嬉しい出費。
日産はみんながまたもう一度って言っていた事だから、それを叶えてくれたエイベには感謝。お金出すよー( *´艸`)w
このお話いつもより波風がなくずっと低飛行な空気なんです。飽きたらすみません…orz
今回はありがとうございました!
チロルチョコ…賞味期限はまだまだですが、とっとと食べてくださいねっ;つД`)
ただ私が印刷してチマチマ切ったシール貼ってあるだけですからねっ(>_<)
またいつかどこかでお会いしてくださいね♡

2018/01/23 (Tue) 15:46 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。