All Mine 「酔いの代償」 4


(Yunho)







月末は忙しくて終わりが見えません。


チャンミンの返事が来た。



「…やっぱりそうだよな」

俺は自宅のソファでため息をつくとその文字を何度も読み返した。
するとピコンと画面が動く。



でも月を見なくても酒はいつでも美味しいです。



……あ



「……ゃ…った…」


ふにゃけた声を漏らして
顔がだらし無く崩れていくのがわかる。


「他の日ならって……受け取っていいよね…」



でも

いいのか?

いいよな?


……いいはず。



「あーもういいや電話しちゃえ」

それから画面を切り替え
呼び出し音がすぐ切れた後は
チャンミンの大きなため息で始まった。


「僕は帰宅途中なんですけど」
「あっごめん切るな」

慌てた俺の耳にまたため息が聞こえて
「まぁいいですけど電車降りたし」
そう続けてくれた。



「バカな僕がしでかした事ですから…さっきも言ったように月末は駄目なので他の日に飲みに行きますか?」

前回と違って速攻で飲みの予定を切り出したチャンミンに驚く。
さばさばし過ぎて逆にどこか投げやりな口調はこの際気にする事をやめ、俺は見えないのに頷いて笑顔になる。

「じゃあさぁ…明日…」
「……」

黙った。

「……というのは冗談で…」

あーはーはーと笑って誤魔化したら、またため息が聞こえた。

「来週末はどうですか、月中で僕も仕事が早く終われます」
「あ、俺も丁度いいかな、うん。じゃあそうしよう」
「また近くなったら連絡する形でいいですか?」
「ぁ、うん」

……もしかして今日のやりとりがウザかったのかな。

ふと浮かぶ。
だけどそう思っても自分から振って肯定された時のダメージもデカイ。
今のチャンミンならズケズケ言いそうなところがあるからな。

「じゃあ近くなったら連絡して…仕事お疲れ様…」

当たり障りなく切り上げようとした言葉に
「はい…ありがとございます」って素直な返事が返ってくる。

うわ。嬉しい。

途端に上がるテンションに俺は頭をかいてヘラっと笑いが出てしまった。

「うん。ああ、ほんとお疲れ様。ごめんな迷惑だった?LINE。殆どやらなくてよく分から…」
「はい。初心者臭くて大変迷惑でした」
「……ごめんなさい…」

調子に乗ってつい口にした言葉は、やっぱりチャンミンのキツいストレートな返しを食らい、掠れた笑いが出る。

「チャンミン変わったなぁ…こんなに言う子だったっけ…」

苦笑してボヤいたら

「僕達が離れていた時間は思ったより長いんですよ…」

そうため息と共に返ってきた。




なんだろう。

こんな他愛ない会話が嬉しいのに。



そんな台詞は
胸に痛みを走らせる。


離れた時間を作ったのは

俺のこと突き離したのはお前だろ?


違ったっけ?



そういう風にさらっと言われると
自信が無くなる。



…ああ

もうほんと


結構長い時間だな。



「はは…そんな言い方すんなよ。でも俺ね…また会えるようになって嬉しいんだ…」



そうだよ。

「…来週よろしく。楽しみだよ」



俺はあの時のままの俺で止まっているんだ。








-----------------------------------
すいません…1時間前に手を入れたらえらいことになってUPが遅れましたm(__)m

それではまた明日。チャンミンside。
ちょっと私のお話らしくグダってきました。
ま、そんなこんなで
ごはん行きましょぉー(/・ω・)/←壊れ気味。



読んで貰えて幸せ♡ありがとうございます。
頑張れるのでポチポチ押していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

4 Comments

723621mam  

No title

いいよーいいよー、頑張れゆの。

2018/04/12 (Thu) 22:51 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/13 (Fri) 11:05 | REPLY |   

くるりん@  

Re: No title

723621mamさま

今回ねー何となく平行線?
いや、でもそうでもないかな。←どっちだボケ。
なんか最後まで微妙な話。
それが書きたかったんだけどね。

2018/04/13 (Fri) 18:37 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

yu*iyukiさま

ありがとうございまーす( *´艸`)
短いですがウダウダ話に呆れずお付き合いをお願いします♡

2018/04/13 (Fri) 18:39 | REPLY |   

Post a comment