スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KARUMONO 16


(U-Know)










身体を拭きベッドに沈ませた姿は以前のチャンミンの寝顔となに一つ変わらない。


こんな姿を見ると
この後この子が目覚めたら
いつものチャンミンとの1日が始まるのではないのかと思ってしまう。


そう思い
現実を突きつけられ


同時に

あの願いがかなった安堵に息を漏らす。




頭をそっと撫で部屋を出ると
煙草を手にソファへ腰を落とし窓を開けた。


そういえば

こうやって窓を開けるのは
チャンミンがうちに転がり込んできてからだ。

何十回も注意され
体へ染み付いてしまった。



「……はは………すごいな…」



笑って

あの頃の
呆れた目付きで俺に文句を言う姿を思い出す。


いま思えば

それも嫌いじゃなかったな。








もうすぐ夜が明ける。
紺とオレンジと薄い青の世界。


なにも変わらない匂い
ざわめき
空気の流れ。


煙草を咥え火を灯す。




それから
あの子のこの先を想う。


新米のカルモノ。


…そうだ。

あの子への願い事。

あれはどうしようか。
レラがおもちゃだと笑っていた。

何と願おうか。




それからもう一つの残ったあの願い事。


これはもう
決めてあるから迷うことはない。


これを願った瞬間

俺は消える。


それに対して何の恐れもない。



むしろこの長い時間から解放される。


それしか思わない。








ゆっくり煙を吐き出し
紫煙の流れを目で追う


空気の流れに乗って細く長く小さな渦を作り
窓の外へ届く頃には掠れ、外の風に引っ張られるようにすっと消えていく。


こんなふうに
なにも残らない

それでいい。







考えてみれば

俺の願い事は最初に叶ってしまった。


あとは何もない筈なのに
三つも叶えてくれるから欲が出たんだな。



俺はチャンミンが

あの子が

このまま生きていってくれれば問題ないのに。







「…そうだな…………早い方がいいのか…」


灰を落としまた咥え徐々に明けてくる空に目を向ける。




このまま過ごす時間がだらだらと続いてもあの子の為にはならないな。


俺が消える迄。

今この時間は俺の為に流れている。



それももういいか。




あの子が嫌がらず

疑わないもの。


……なにか…ないかな。




次にあの子が目覚めたら

そんな願い事を聞いてもらおう。


















-----------------------------
と、いう事で
分かりやすくここが話の中間地点。
今回はここまでです。
手を加えたので結構長い再掲載でした。
お付き合いしてくれた皆さんありがとうございます♡

それで次は多分雑談かな。
次は…どうしよう。
ツイでは言ったのですがAll Mineの続き、先日ホルダーごと消えました…orz
そう、この愚痴とかね。
このところ実は結構くさってました(笑)

ちょっと聞きたいこともあるのでアンケート取ろうかな←超くだらないので期待せずに。

うーん…どうしようかなぁ←うるせえ。


それではまた近々。

くるりん@


読んで貰えて幸せ( *´艸`)♡ありがとうございました!
頑張れるのでポチポチお願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


- 6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/08 (Wed) 20:42 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/08 (Wed) 20:47 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/10 (Fri) 00:05 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

み*さま

こんばんは。お返事遅くなりました(;´Д`)
あの消えてしまうやつは何度か経験しているのですが、本当に目の前の状況が受け入れられずに暫く固まった後に物凄い脱力感w
やっと続きを書きました。近々お目見えです。
お暇なときに覗きに来てくださいね♡

2018/08/23 (Thu) 19:34 | REPLY |   

くるりん@  

Re: 一区切りお疲れ様でした^ - ^

ヤ*さま

カルモノ楽しんで頂けて嬉しいです( *´艸`)
相変わらずの人気のなさに一人頷きwひとまず上げ直しが出来てよかったです。
このお話はせつない「だけ」なので、最後も読者さんの納得がもらえるかどうか分からないお話。
だからどーも続きをUPするのが躊躇われますが、好きなんですよねー私(笑)
また出した時にはお付き合いをお願いしますm(__)m

お話が消えると一番困るのが「その時と同じようにはもう書けない」ことなんです。ノリで書いている所が多々あるし、私の場合行ったり来ったりして数話連続で手を入れるので、書き直しを沢山重ねているともうなにがなんだかどう書いてたか、な状態になっちゃうんですよねー(;´Д`)
そして実際はそうかどうかは分からないけれど、その次に書き直しても最初に書いたのが一番面白かった気がする(笑)
これがかなりイライラするんです。
またなんとか続きが書けたのでお暇なときに良かったらお付き合いをお願いします♡

2018/08/23 (Thu) 20:00 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

you*inさま

カルモノ読んで頂きありがとうございます( *´艸`)
今回は前回と違ってユノの行動もセリフもかなり書き加えたので、ユノは本当は全てチャンミンの為だけに動いている人なんだってのを分かってもらえるようにしました。
この話は最初から最後までユノがただただチャンミンを想う話なんです。
楽しんで貰えて嬉しいです♡

そうそう私がホミンを書くと、可愛いくちょい捻くれチャンミンととにかく男前ユノにどうしてもなっちゃうんですよね。
大王道ですがこれが一番書きやすいし好きです(*ノωノ)あはは。

なんだか今年は異常気象のオンパレードですが、you*inさんもお体ご自愛くださいね♡

2018/08/23 (Thu) 20:12 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。