スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Mine 「選択」 2


(Yunho)











歩き出して暫く

「そう言えば今日は取引先の人が面倒くさかったんです」

チャンミンは仕事の愚痴を言い始めた。


「へぇ…あれ?取引先って直接あーだこーだするの?」

これまでもそんな話をしなかったわけではないけれど
大概は俺が会話のネタをあれこればら撒いて
それにポツポツと話を繋げるのが通常運行なのに。


なんだこれ。



「当たり前ですよ。僕の仕事がただプログラム作っているだけとかって思ってませんよね?」
「え?………いやぁ…部門違いは…」
「……」
「なんだよその顔」
「呆れているんですよ。僕だって営業まではいきませんが似たようなこともするんですよ」

ははは。と笑うチャンミンに
「そっかぁ」なんて頷いたけれど
どこか気分が落ちていく。


酔っ払ってもいないのにこんなに饒舌に自分の話すなんてなかった。

それにどこか浮ついた声色なのはこれから行く店の所為だろ。
俺はため息がでそうで。

……ほんと失敗した。


もう。その店にはなにがあるんだろう。


でも今の姿に突っ込みたい気持ちは
醸し出す態度に喉の奥で言葉が止まる。

なんか、こう。
ロクなことが起きない気がする。


俺はさ。

ただ今日は久しぶりに会えたチャンミンと
普通に楽しくご飯が食べたいだけなのに。


それに
このまどろっこしくも僅かに進んで行く二人の関係に、なにか起こしたくない。



正直


その先の

もう少し進んだ何かも
希望と期待を抱いてる。








さっきからペラペラと喋りまくるチャンミンの横顔を盗み見る。
笑顔で、楽しそうで、ちょっと恥ずかしそうに話すけれど

全く俺の方を見てくれない。


…ほんとまいったなぁ。


困惑と不安
それ以上に強くなる、苛立ち。


こんな風にこのあとも過ごすのなら
もうここは突っ込んで場所を変更しようかと
俺が腹を決めて何気なく交差点へ顔を巡らせたところで
道路の向こうに広がる飲み屋街の入口が目に入る。


そこで

…あ


ってなった。





理由は……あそこか。


この街の奥。
そういう嗜好の人間が集まる場所。




あの辺が絡んでいるのか。





じゃあチャンミンはまだずっと?



そういう事か。


あのローションは。



そうだよな。




胸の奥がジクリと疼く。



今も通っているのか。

いや今日行く店は一時期通っていたんだっけ?
久しぶりだって言ったな。
大通りを挟んですぐ目と鼻の先
近くなのに行かないとかないよね。

…どうなんだろう。


いずれにしても知られたくない事がこの先に待っているのか。



「……ってかんじなんですよ…」

チャンミンの言葉が急に耳に戻ってきてハッとなる。
時間にしたら大した事ないのだろうけれど
ちょっとだけ湧き上がる焦りを誤魔化しつつ
俺は曖昧な返事を返した。



「お互い訳わかんない苦労が出てくるんだな」

的を得ているか自信が無い言葉に
チャンミンはうんうんと頷いて

「だからね、部長が…」

顔を上げ俺を見て
それから笑みを深め前を向き
それからまた
何処かの何かに泳ぐ瞳が俺は気に入らなかった。


「なぁ…行く店だけどさぁ…」
「…はい?」

話の切れ間に
どうしても抑えきれずに口にしたら
チャンミンは俺を見て少し頭を傾げる。

話を振ったのは自分なのに
向けられたその表情に誤魔化すような笑顔をしてしまう。

「……通ってたんだっけ?」
「…ぁ…はい」

頷き

どこか逃げるように瞳だけが動くから
そんな仕草を搔き消したくて
「通いたいぐらいに美味いんだ?楽しみだな」
なんて言ってしまう。

さっき似たような遣り取りしなかったっけ。


こんな自分もなんだかな。



とうとう出てしまった溜息を「思ったより歩くな」なんて誤魔化して
辺りを見回すように視線を向け
最後にチラリとまたあの街を見る。



昔のサインで
チャンミンの何かが見えないか、なんて
衝動的に試すような事をして
それが良いのか悪いのか分からないまま
これから予想外の不安材料の中に向かうなんて。


俺はこの数回で築いてきた関係が
この後待ち受けているなにかに壊されたらどうしようって
ただただ不安になっていく。


ああもうさ。

壊されたくないと震えるぐらい
俺はチャンミンに心が傾いているんだな。













-----------------------------
明日はチャンミンside。
お暇なときにきてください( *´艸`)



読んで貰えて幸せ♡ありがとうございます。
頑張れるのでポチポチ押していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

- 4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/29 (Wed) 20:52 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/29 (Wed) 22:53 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

み*さま

大丈夫だいじょうぶ。
「まだ」大丈夫(* ̄m ̄)www

2018/08/30 (Thu) 17:01 | REPLY |   

くるりん@  

Re: 続シリーズありがとうございます

ペ*さま

こんばんは。
そうっ、コメを貰って気がついたのですが。
私今回の1話目を、最終稿ではない修正途中のやつを上げてました(笑)

ラインのやり取りを…って書いてあって。
「いやちょっとだけ焼肉屋の連絡でラインのやり取り書いたよな」と読み返したら無かった(;´Д`)ごめーん。

私お話の加筆修正は元の土台文章を残したいのでiPadでコピーをしながらやっていくのですが、あまりにも回数繰り返すとそのちょつとだけ直していくお話の山になっていって、最終的にどれが一番最新か分からなくなるのをたまにやるのですが…まさにそれ。ほんと申し訳ない…orz
今回このあとネタ振り話で、全然ロマンチックじゃない回なので、またいつかLINEのシーン書きますね;つД`)

2018/08/30 (Thu) 17:22 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。