スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 「二人の距離」

気がついた方、お久しぶりです。
見つけてくれてありがとう♡

ノーマルSS、予告なしUP。
更新頻度が低いこのブログをわざわざ覗いてくれた方へのお礼をまた置いておきます。

今回のお話は単発で書いているあのカフェで会っていたリーマン二人の続きです。
これだけでも読めないわけではないと思いますが
気になった方はこちらノーマルSS(←タイトルをクリック)をどうぞ♡

今回はチャンミンだけ。
おヒマな方だけ付き合ってくださいませ。


それでは


ユノ(ノンケ)×チャンミン(ユノへの想いが伝わりました)

長年友達だった人との恋は成就しても面倒くさい話(笑)







ノーマルSS




「二人の距離」





(Changmin)









『夜そっちに着くから会いたい。会えそうかな?』


夜中にメールが入っていた。
ユノが海外出張から帰ってくる。


行っていたの三週間だっけ?
案外長かったな

…いやそうでもないか?

カレンダーを見ながらそんな事をゆらゆら思う。


両想いだと分かり恋人になった僕達は
相変わらずお互い忙しくて恋人という名のお友達関係。
キスだってまだ。

どこか進んだ気がしたのは気のせいだったか。


逢えない時間がなんとかだ、というのは昔のなにかで
逢えなければ逢えないでお互いそれなりに過ごしてしまうのは
友達だった期間が長かったからかな。


そういえば途中二、三回
何食べたとかホテルから見える景色とかの写真を送ってきた。

あと一度だけ電話もあった。
「明日はやっと休みなんだ」って。

付き合いだして三ヶ月。
友達期間を入れれば十数年。
お互いの色んなことを知っている僕たち

……のはずなのに。

かかってきた電話は
朝の、こっちはこれから仕事が始まるクソ忙しい時間。

話したかったけれど
そんな私用電話を続けられるわけがなく
「ゆっくり休んでね」って言うだけ。
こっちのオフィスのざわつきで気がついたのか
「ああっごめん、そうだよな。仕事頑張ってな。ごめんね」って慌てて切られた。

その日は色々な締め日が重なっていたから、ユノの空気の読めなさ加減に軽くイラついて「こんな感じだから女にすぐ振られるんだ」なんて心の中で悪態ついた。


僕から連絡しなかった訳じゃない。
ユノよりはあれこれ近況報告として送った。
だけど返って来るのは簡単な感想のみ。
お互い時間のズレがあるし
元々文字のやりとりより電話が好きだからしょうがないけどね。

だから電話だって何度かした。
でも夜遅くの仕事中だったり、電話途中で寝ちゃったり。
状況が読めずこっちも遠慮してかけるのを躊躇って、やめた。

こんなんじゃホント振られるよ。
これまでの彼女さんに同情までしてしまう。

ため息をついて

そういえば…と
友人関係の時は出張時にここまでのやりとりなんてしていなかったと気がついた。

その時に比べればユノも頑張っているんだな。
そう思えたら
ちょっと可笑しくなって口元がニヤけた。




今日は土曜日。

僕は掃除が終わった室内を見回し
スマホを手に取った。

恋人になってからは一度もウチに来ていないよな。

だからさ。


『……お疲れさま。今日は僕も暇です』

それから暫し悩んだ後

『…今日はそのままうちに来ない?車で迎えに行くよ。夕飯用意しとく』

そこまで打って
急に頬に熱を感じる。


「いやいやいや……恥ずっ」

うちに出張明けに呼ぶとか。
ちょっと強引すぎか。


一人悶えた後
入力途中の画面を眺め微かにため息が出る。



……だってさ

だって

ほんと何もない。


原因の半分以上は僕の所為。



「ユノは律儀に…真面目だよ…」

優しいって言ったほうがいいのか。

あのカフェでのやりとりで僕が望んだのは、僕たちの関係をオープンにしない事。
受け入れてくれたユノは僕の望み通りあからさまな態度はとらず、普段の、これまでの僕達と変わらない二人のままだ。

「だけどもう少し強引な奴かと思っていた…なんて……僕もなんだかなぁ…」

望んでいたのにちょっと違う。
僕の我儘な感情。


だから今日は少しだけ僕から近づいてみようか。


『……明日休みで時間があるなら………そのまま泊まってもいいよ…』

ユノは絶対断らない。
疲れてても泊まるって言う筈だ。
知ってる。

「…まぁ…ご飯食べたら爆睡だろうな」

雰囲気のあるキスが出来るかも微妙な線だってのも知っているけれど。


『到着予定の時間を教えてください…』


送信ボタンを押しスマホを置いてキッチンに向かう。

「さて…何作ろう?疲れているから胃に優しい方がいいよね」

ニヤけて緩みっぱなしの唇を噛み締め、僕は冷蔵庫のドアを開けた。












Fin


------------------------
読んでくれてありがとうございました!
じみーにシリーズ化しているこの話(笑)
そろそろタイトル決めないと駄目かなぁ(;´∀`)

今日は年に二回あればいいほうの三連休の真っただ中。
(急に出来たんです。数か月早く貰えていたら福井行ってたよ…orz)
身体に余裕があるとお話も書けました(ノД`)・゜・。

ちなみにこれ、ホミンともミンホとも決めてないんです。
書いてて思うんだけどこのユノ結構呑気な気がしてて
どっちでも転べるような感じなんですw
だからベッドで「どっちが上になるか」そのやりとりを書きたくなるwww

私の脳内の話はこの辺にして
それではまた。

気づいてくれてありがとう。
どこか少しでも楽しんでくれていたら幸せ( *´艸`)

くるりん@でした。



読んで貰えて幸せ♡ありがとうございます。
頑張れるのでポチポチ押していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

- 6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/26 (Fri) 21:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/26 (Fri) 21:55 | REPLY |   

くるりん@  

Re: お久しぶりです。

す*かさま

オマケで今日この後のお話をUPします。
ちょっとだけ進展させております( *´艸`)
楽しんでくれたら幸せ♡

いつかお会い出来たら嬉しいなぁ。
遠征だと福岡ドーム一回きり。
いつか一回のツアーで全ドーム制覇したいのでまた九州へ行けたら(/・ω・)/

2018/10/27 (Sat) 14:08 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

*ぁ(*ぁ)さま

丁度タイミングよくて良かったです( *´艸`)
私こういったウダウダ煮え切らない遣り取り書くのがもう大好きで
最初に設定だけ箇条書きにしてそこだけ延々書いていたいぐらい(笑)

チャンミン可哀そうになっちゃったんでその先書きました(*ノωノ)
気に入ってくれたらいいなぁ。
上か下か…
私の頭の中には「えっ?!俺がやられんの?!ちょっとまてっ」ってチャンミンに押し倒されたユノが頭にずっとあってねー(笑)やるやらないの前にこのシーンがただ書きたいだけなんですwww

2018/10/27 (Sat) 14:21 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/27 (Sat) 17:36 | REPLY |   

くるりん@  

Re: タイトルなし

グッ*ーさま

ありがとうございます。
そしてよろしくお願いします(*ノωノ)

ちなみにこれ今日続きが載ります
気がつくかなぁ( *´艸`)w

2018/10/27 (Sat) 18:02 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。